ナツメグの制作を発表してから、もうすぐ一ヶ月になります。
そろそろ、ユーザーの皆様も新しい情報をご覧になりたいと思われる頃かと思い、
ゲーム序盤の設定部分をミヨルノさんのイラスト付きでちょっとまとめてみました。
これから、ゲームシステム等についても触れていこうと思いますので、
よろしくお付き合いの程、お願い致します。

<その1:舞台設定・プロローグ編>

昭和32年に設立、母体は栄養士養成の専門学校らしい

ゲームの舞台になる葉成川学園は、
それなりに歴史のある都内の私立学園です。

元々はクラス数もあり、学生数も多かった学校でしたが、
ここ近年の少子化や、都市部の人口減の影響もあり、
学生数は減少の一途をたどっていました。

そしてついに、同じ学校法人が運営する第二学園と合併し、
現学園は統合される事となってしまいました。



そんな学園で日常を送っていた、主人公・敦志とその仲間達。
学園が統合されるとは言っても、皆一緒に移ることには変わりなく、
いつもと同じ生活を送っておりました。

ところが…。

これじゃドナドナですよミヨルノさん

夏休み、そして2学期を目前に控えた6月のある日、
彼らの友人である由佳子が、関西に引っ越すことになったのです。

メールもネットもある現代とは言え、
今までの日常に起こった変化は、微妙に敦志達の心情に変化を与えます。

シゲオはこういうキャラです

敦志達は、どうにかして去っていく由佳子に何か出来ないかと
いろんな方法を考えました。

『会』の字が入りきらなかったようです。よくありますね

そして敦志達は、由佳子のために、この夏休み限定で、
最後の夏休みを由佳子に楽しく過ごしてもらうための、サークルを作ったのです。
(なんでそこまでせなあかんの?という疑問の回答はゲーム本編でどうぞ)

サークルには、4人の他にも、後輩のほとりや転校生のセリス、
そして先輩のまぁちゃんを加えて、
夏を存分に楽んで思い出を作るという目的に向けて、動き出します。

こうして、彼らの元に、最後の夏が巡ってきました――。


かけがえのない最後の夏の集いって感じでしょうか。超意訳。

『ナツメグ』は、楽しい空気を前面に出した、夏の学園物ADVです。
学生時代のおバカなノリや雰囲気を、出来るだけいいテンポで表せるように、
シナリオ・システムの両面から、工夫していこうと考えております。

キャラクター紹介欄では、各キャラクターのQ&Aコーナーも作りましたので、
そちらも合わせてご覧くださいませー。


<つづく>

※次回は、システム編をお送りする予定ですー。


<ナツメグ・トップへ戻る>


(C)2006 COTTON SOFTWARE